人気ブログランキング | 話題のタグを見る

映画「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」を見る。
見た目は子どもでお馴染みの探偵の最新劇場版。今回は西の名探偵である平次と怪盗キッドが同時に現れて三つ巴の対決で賑やか。
もう毎年の如く新作が発表。ノウハウが蓄積されているため、時間の配分と緩急の入れ方が秀逸。子どもから大人まで飽きさせない。さすが日本が誇る人気コンテンツだけある!

# by torororo1 | 2024-04-16 20:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「田渕商店」

「田渕商店」という古民家(?)カフェに行く。
「田渕商店」_b0018242_19284868.jpg

キーマカレーを注文。
まずレトロな容器で見た目を楽しませる。そしてダイナミックに和の野菜盛られており圧倒。カレー自体はじゃがいもやカボチャがふんだんに入っており食べ応えがあった。
「田渕商店」_b0018242_08413198.jpg

「田渕商店」_b0018242_19311528.jpg
このお店。元『遊郭』の施設をリノベーションしている。
とりあえず個室を希望した俺。通された部屋で無駄に正座してドキドキしていた。
何十年前はここでゴニョゴニョしていたのか?
「田渕商店」_b0018242_19334922.jpg
へんなテンションになったので団子のセットを追加で注文。すると、様々なタレと七輪が現れた。ほほぉ、自分で焼くタイプか。これは初体験。まったりできるのも良い!

・・・部屋以外の内装も独特で歴史的価値がある。
これは来たか?
とろろ カレー オブ ザ イヤー。

# by torororo1 | 2024-04-12 19:21 | カレー特集(岡山) | Trackback | Comments(0)

親の誕生日祝いとして食事に誘った。

だんだん歳を重ねて、お肉や硬い食べ物を控えるようになってきた、親。では何をご馳走すればいいか?と考えまくった末、歯に優しい豆腐料理のお店を選んだ。
独創的な豆腐料理が次々に現れて驚くばかり。しかしなぁ。歯には問題なかったが手が込みすぎて逆にやばい食材が入っていた。
それはお餅!
付き出しである茶碗蒸しの底に入っていたり、謎の田楽の中に餅っぽいのが入っていたり、デザートのあんこの中にういろうのような粘度のあるが入っていたりと。
そういえばお正月に、のどに餅がひっかかりむせていたよなぁ。こわいー。
事故になりかねないようなものをステルスで入れまくっていた。

俺が殺しにかかっていると疑われても困るので、終始ドキドキしながら観察するばかり。このお店に悪気はないのだが、次からは俺の親を誘うのは控えよう。


本当に高齢者に合うお店は何なんだろうか?リスクを考えすぎて、どこも行く場所がない。

その反面、両親たちには新しい料理も教えたいと思っている、俺。まだまだこの世も捨てたもんじゃないなと知らしめたい(笑)

でも得意のカレーは刺激的だし『からい!』と怒られそうだ。

うん、やっぱりあれか。
ガンダムとかエヴァンゲリオン出てくるディストピアめし。
「親のおもてなし料理について考える」_b0018242_16404548.jpg


「病院食のリハーサルか?!」と言われてぶっ飛ばされそうだな。がくっ。

# by torororo1 | 2024-04-07 16:17 | つれづれ事 | Trackback | Comments(0)


俺の電話の対応を見た方から指摘が入る。どうやら声が大きく、ふんぞりかえって電話をしていたらしい。大反省、モテ度ダウンだ。
慎ましい気持ちを忘れてはいけない。まずは横柄になる電話をやめてすべてメールで対応しよう。また勤務内の会話は控えよう。それと挨拶も小さい声で必要最小限な人にしか声を出さないようにしよう。今の職務に個性はいらない。


しかしながら逆に考えてみると、自己肯定感はかなり回復したんじゃないか?主に自転車やジムで体を動かしたり、ブログの記事を復活したり、また意識と生活のライフスタイルを劇的に変えたりしたのが要因かと思う。
以前は意図的に誰とも話をしないようにしていた。うつ病を心配されたのかよく産業医の面談を進められていたなぁ。でも回復してくると逆にこんな指摘を受けたりする。振り幅が広い。

俺の心のスイッチは『弱と強』の2種類しかなく真ん中はないのか?珍しく自己分析をする場面に遭遇した。



現在は確実にディストピア社会に進めつつあるな。ロボットやAIに仕事を代わられても仕方ないと思う。
これからはそいつらを修理したり、整体で(!)ほぐしてあげる職業が伸びると思う。


# by torororo1 | 2024-04-06 07:18 | Trackback | Comments(0)

映画「ゴーストバスターズ/フローズンサマー」を見る。一応 ゴーストバスターズシリーズの第4弾。あれ?女性メンバーだけで構成された映画は?

内容は舞台をニューヨークに移し、また邪神が復活したので退治する話。ポスターを見るとおじさんの『ポール・ラッド』が真ん中にドーンといたので心配したが、ちゃんと前作に引き続き少女役の『マッケナ・グレイス』が主役だった。ふー、よかった。
しかし今作で個性的なゴーストバスターズのメンバーが増えたな。別に1作と2作の旧メンバーがいなくても面白い編成が組めると思う。

# by torororo1 | 2024-04-06 06:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)