人気ブログランキング |

とろろ日誌 リブート

カテゴリ:映画( 372 )




とろろ シネマ オブ ザ イヤー2018

今年もこっそり映画を見ていた。
統括として印象に残った映画をまとめておこう。

第3位「カメラを止めるな!」
世間では構造がすごい!と評価しがちだけど、後半になるにつれてテーマが「映画愛」であふれ出すことが素晴らしい。

第2位「恋は雨上がりのように」
ファミレスの中年店長を好きになってしまう女子高生の話。思い出してみると、原作のストーリーをうまく再構築していた。ラストの落とし所も納得できて、清々しい気分で鑑賞できたのも良い!

「レディ・プレイヤー1」
無数にある版権キャラクターをよく1つの映画に落とし込むことができたなぁと感心する。監督はスティーブンスピルバーグだが、あの人でなければ映画は作れなかったと思う。
ちなみに劇中にあった「俺はガンダムで行く。」というセリフが個人的には流行語大賞だ。

今年の隠し玉
「若女将は小学生」
児童文学が原作のアニメ・・・だとナメてはいけない。元ジブリのメンバーが集まった強力布陣で、ストーリーも作画が恐ろしく完成度が高い。終盤で涙腺が決壊するので超注意。




by torororo1 | 2018-12-30 07:47 | 映画 | Trackback | Comments(0)

映画「ハンソロ」を見る。

映画「ハンソロ」を見る。
スターウォーズのスピンオフ作品。

まあハリソンフォードがやっていたキャラの若者時代のストーリーだが、結局はエピソード7で殺されてしまうので、ここで大活躍しても個人的に気分が上がらない。




by torororo1 | 2018-07-01 14:44 | 映画 | Trackback | Comments(0)

とろろ シネマ オブ ザ イヤー 2017

今年はこっそり映画を見ていた。

まとめておこうと思う。

とろろ的映画賞

第3位 君のすいぞうを食べたい
いわゆる「難病もの」だが、それだけでカテゴライズしておくのはもったいない話。親愛や愛情を超えた複雑な心境を表現されている。

第2位 ブレードランナー2049
鑑賞した当初は「ダラダラで長いなあ」なんて思ったが、数日後から主人公の気持ちやテーマ性についてずっと考えてしまう。やはり前作から30年以上を経て作られた続編。名作だと思う。

第1位 夜明け告げるルーのうた
ストーリーは抜群に良し!アニメの作画も独特で引き込まれる。どの年齢でも、また男女関係なく楽しむことができる。なにより「歌うたいのバラッド」の曲が何度も出てくるが、飽きさせずに感動させられる。素晴らしい!

今年の隠し玉 ハードコア・ヘンリー
全て一人称視点で展開される映画。アクションシーンもしびれるが、通常シーンも楽しめるように練りこまれている。映画界に新たな可能性を示してくれた。





by torororo1 | 2017-12-30 08:33 | 映画 | Trackback | Comments(0)

無限の住人

映画「無限の住人」を見る。ファンタジーが少し入った時代劇だ。
ひょんなことから不死の能力を持った男。『親の敵討ちをうって!』と女の子に依頼され、凄腕の剣士集団と戦う話。
まあ原作に沿って進むが、よく1本の映画にまとめたものだな。
そのためなのか個性があるメインキャラの数人が語られることがなくスーとフェイドアウトしていたのが気になった。俺が重要な場面を見逃したかな?



by torororo1 | 2017-04-29 12:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)

3月のライオン後編

映画「3月のライオン」後編を見る。
将棋の新人王を獲得した主人公。その後の葛藤の話。前半で若干影が薄かった3姉妹もクローズアップされていた。
原作の精神が非常に良く練りこまれていた。チキショー、面白い!
分かっていたが中盤で泣けた。



by torororo1 | 2017-04-23 12:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)

夜は短し歩けよ乙女

映画「夜は短し歩けよ乙女」を見る。
京都の夜にどんどん不思議な出来事に巻き込まる女の子。
その子に近づきたいが勇気が出せずイベントの周辺でウロウロしている男の先輩の話。
原作のハチャメチャな雰囲気を昇華させた素晴らしいファンタジー作品だ。
星野源の声もいいが、ロバート秋山の声が違和感がなく素晴らしい。

鑑賞後に『あー、また見たい」と即座に思った。
ダラダラしながらでもいいから、定期的に映像を脳に流しこみたくなる魅力がある。



by torororo1 | 2017-04-09 11:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)

T2 トレインスポッティング

映画「T2 トレインスポッティング」を見る。
前作から20年が経過し、まさかの続編が公開!

仲間を出し抜き、お金を持ち逃げしていた主人公。
20年ぶりに地元のスコットランドに戻り、かつての悪友と再会していく話。

前作は悪ガキの生態観測的なストーリーだったが今回も相変わらず。
お馴染みのヤンチャな先輩の同窓会に居合わせた感じになれる。
終始ニヤニヤ鑑賞できた。

・・・復習してから映画を見に行くのが、より面白いと思う。



by torororo1 | 2017-04-08 13:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)

キングコング:髑髏島の巨神

映画「キングコング:髑髏島の巨神」を見る。何度か目のキングコングリブート作品かな。嵐で隔絶された島があって中に入ると怪物だらけ。そんな話。
バトルシーンが多めで、鑑賞後「見たい怪獣映画はこれだ!」と満足できる内容だ。
1970年代が舞台。たまに差し込んでくる「地獄の黙示録」オマージュがニクい。





by torororo1 | 2017-04-02 11:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ハードコア

映画「ハードコア」を見る。
大けがによって体の各所を機械化された主人公。
奥さんが悪の組織にさらわれたので
肉体と銃器を駆使して救出に向かう話。

・・・と書くと簡単なのだが
最初から最後まで主人公の視点のみの一人称でストーリーが進むので、
(しかも設定上、しゃべらない)
自分があたかも無敵のヒーローになったような錯覚を覚える作品になっている。

ゲームではFPS(First Person shooter)として
おなじみのジャンルだが、実写ですべてやり遂げているのがすごい。
どうやって撮影したか不思議なシーンが多数あって驚く。

すごいアクションが見たくて映画館に行ったのだが
意外にストーリーも味わい深くてよかった。
秀作。




by torororo1 | 2017-04-02 06:47 | 映画 | Trackback | Comments(0)

3月のライオン 前編

映画「3月のライオン 前編」を見る。
幼い時に家族を交通事故で失う、主人公。
生きるために、父の友人の棋士の内弟子になるしかなかった。
成長してプロになったが、あがき苦しむ話。

原作のマインドを残したまま、素晴らしい状態でストーリーが進行していく。
今回の前編はややシリアス路線で、
将棋業界の修羅の道にクローズアップされていた。

別に将棋のことも知らなくても、原作を知らなくても楽しめる。
相変わらず、大友啓史監督は編集力で秀作。



by torororo1 | 2017-03-20 14:58 | 映画 | Trackback | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新のコメント

引越とは! どちらへ?
by たけくらべ at 19:42
ツインテールですね
by yaya at 09:36
>ケイ様へ コメントあ..
by torororo1 at 20:56
1部・2部で1000ペー..
by ケイ at 06:52
さすが!! ご覧になる..
by yaya at 08:42
いつも間にそんなイベント..
by yaya at 18:36
>yaya サマ コメ..
by torororo1 at 06:19
ポスターにある階段、行っ..
by yaya at 12:43
写真で、奥に倒れているビ..
by kazuo-yokota at 21:54
>gamyサマ コメン..
by torororo1 at 07:02

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧