とろろ日誌 リブート

<   2014年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧




Gのレコンギスタ

10月からテレビ放送があるのに
我慢できずに、映画『Gのレコンギスタ』を見る。
テンポも良く、面白い!

宮崎駿が監督を引退したので
もう富野 由悠季に期待するしかない!
[PR]



by torororo1 | 2014-08-31 10:48 | 映画 | Trackback | Comments(0)

大木屋へ行く

b0018242_6462386.jpg

大木屋というお店に行く。
東京では有名店!
つ、ついにあこがれの味を堪能することができた!
b0018242_6464162.jpg

まずはかつおのたたき。
b0018242_6463161.jpg

2品目にいきなり出てくるが巨大な肉のかたまり!
これがうわさに聞く、通称「肉のエアーズロック」か!
b0018242_6485478.jpg

そして海鮮焼き。
b0018242_65171.jpg

そして、でかいメンチカツ。
中を割ると、肉汁が出てきて、キャベツになじむ!!
b0018242_653328.jpg

メインのもんじゃ焼き。
鉄板にびっしりと敷き詰めても種が残っている。
2ラウンドまで楽しめるすごい量だ!
b0018242_6553618.jpg

最後に口直しのシャーベット。





...とにかく行きたかっただが、
予約がとれないのと5人以上の入店でないとだめだった。

今回は大変ラッキーが重なった結果だったが
基本的にソロ活動が多い俺にとっては
超ハードルが高い条件だ。
[PR]



by torororo1 | 2014-08-31 06:55 | トウキョウ | Trackback | Comments(0)

スパゲティー 持ち帰り専門店へ行く。

b0018242_22255578.jpg

オープンした「パスタス」というお店に行く。
イタリア料理のファミレスである「サイデリア」の新業態。
スパゲティーの持ち帰り専門店だ。

b0018242_22255582.jpg

初めにスパゲティーの量や、ソース、そして具を選んで店員さんに伝える。
サブウェイのようなシステム。

b0018242_22255642.jpg

今回は...こんな組み合わせをした。
・スパゲテイー
・追加麺
・やきつきペペロンチーノ
・チキンとオニオンのソテー

うーむ。量が多い。

とにかく、早ゆで可能の麺を開発した会社の勝利。
今度はあえて、麺だけ注文して、度胆を抜かしてみようかな。
[PR]



by torororo1 | 2014-08-28 22:24 | トウキョウ | Trackback | Comments(0)

うますぎ!東京カレー

b0018242_70373.jpg


そういえば、こんな本を手に入る。
うますぎ!東京カレーというタイトルだ。
マンガで紹介する名店の数々。

カレーミュージアムの館長だった小野員裕が案内しているので、お店が手堅い。
[PR]



by torororo1 | 2014-08-26 06:51 | Trackback | Comments(0)

新商品 フレスカを飲む

b0018242_658291.jpg

コカコーラから新発売!
レモン炭酸の「フレスカ」を手に入れる。
セブンイレブンなど、コンビニ限定。

飲んでみたがかなりすっぱい。
大人向きか。

エレガントなデザインだが、
一気飲みして超ゲップ。

俺は...開発元が求める購買層ではないな。
[PR]



by torororo1 | 2014-08-24 06:57 | つれづれ事 | Trackback | Comments(0)

クラストビアマーケット

クラフトビアマーケットという所でカレーを注文。

b0018242_6571472.jpg

出てきたのがコレ。
その名もビールカレー!

見た目も味もぜんぜんビールっぽくない。
おしゃれキーマカレーだよな。

チーズがかかっているのが独特かな。
まさか、このチーズがビールとか。
[PR]



by torororo1 | 2014-08-24 06:56 | カレー特集(東京) | Trackback | Comments(0)

めぐり逢わせのお弁当

最近は偏ったジャンルばかり映画をみていた気がする。
気分を変えて、インド映画『めぐり逢わせのお弁当』という作品を見る。


インドでは「ダッバーワーラー」という弁当配達人という職業がある。
自宅で家族が調理した昼食を勤務先へ届けるシステムだ。


それで、ストーリーのほうだが...
主婦のイラが心を込めて作った弁当を、
配達人が誤って定年前のおっさんのもとに届ける。

普段はイラが作った弁当を夫は残すのに
きれいに食べられているので不思議に思う。
それがきっかけで弁当に手紙を入れて文通が始まっていく、そんな感じ。

異文化の情勢、そして人柄が細かく描かれており面白い。
とにかくインド映画に似つかわしくなく、叙情的な内容で秀逸だ!

まあおすすめだが、上映館数が少ないのが欠点。
[PR]



by torororo1 | 2014-08-17 13:13 | 映画 | Trackback | Comments(0)

男一人旅2014 その1  矢切の渡しに行く

最近はヤンチャも薄れ、、
すっかり牙を抜かれたオオカミになった俺様。(自称)
心をより戻すために
この夏、男旅、はじめました。

b0018242_7363395.jpg

まずは柴又駅へ。
男旅の神、「寅さん」にご挨拶。
でも、目的は帝釈天ではない。
b0018242_7363330.jpg

数十分、俺は一隻の船に乗っていた...。



柴又駅からずんずん歩き、土手に向かうとなぜか船月場がある。
ここは「矢切の渡し」と呼ばれる小説や歌謡曲で有名なスポットだ。
江戸時代から続いているのだが、東京で現存するのはここしかない。
手漕ぎの櫂で静かに進む。

b0018242_7363487.jpg

200円払えば、10分ぐらいで対岸の千葉県に行くことができる。
降り立った場所はこんな感じ。
まあ東京にいる俺にとっては「外国」である。

b0018242_7363539.jpg

途中、人懐っこい犬が出迎えてくれた。
暑さでダレているご様子...
まさに牙を抜かれた俺のよう。
なぜか親近感。
このままジーと犬を眺めていたい。

いやいやいやいや。
だめだ。
それを脱却するための旅なのに。

「そうだ!」
このまま千葉県の成田空港に行き、飛行機に乗ろう!!


...気持ちが大きくなったが、
一瞬でそんな高額なお金は持ち合わせていないと気づく。


『お客さんー。さっきの(柴又の)船着場に戻りますけど、乗る?!』
と、船頭さんが叫んでいたので、
我に返り、再び乗り込んだ。

へタレ。
[PR]



by torororo1 | 2014-08-17 07:36 | トウキョウ | Trackback | Comments(0)

男一人旅2014 その2 吉原付近の馬肉屋さん

b0018242_736683.jpg

浅草の北を1キロほど歩いたところ。
吉原大門という場所がある。

ここは1958年の売春防止法の施行まで、いわゆる遊郭として栄えていた地域だ。
東京に来て知ったのだが、「吉原」という地名はない。

当時は吉原歓楽街への正面玄関として
治安目的と、遊女たちの逃亡を防ぐため、出入はこの大門一箇所のみとされたようだ。

b0018242_736555.jpg

ともかく男一人旅としては精が付く料理を食べなければいけない。
そこで寄ったのが「桜なべ 中江」という所。
明治38年創業の馬肉料理のお店だ。

b0018242_736470.jpg

今回は大奮発したメニューを注文。
櫻鍋って食べたことなかったが、臭みがなくて牛肉のようだ。
みそだれでおいしい。

特筆点は右側の子皿に盛りつけられている
桜肉のタルタルステーキ。

岡本太郎と共同で作り上げたもので、
ユッケ風でごはんにも合う。



昔から庶民から著名人まで愛されていたお店。
まあ、これを食べて吉原に勇んで行った人も多いのだろうな。


現在も吉原大門から南に少し歩いた地域、
千束(せんぞく)4丁目に大風俗街がある。

...俺の場合は
食事後、この地帯を華麗にスルーして別のスポットへ向かった。
あれ?! 男旅の意味は?
[PR]



by torororo1 | 2014-08-17 07:35 | トウキョウ | Trackback | Comments(0)

男一人旅2014 その3 STAND BY ME ドラえもん

男もひとりで泣きたい時がある...。
というわけで映画『STAND BY ME ドラえもん』を見る。

ドラえもんの中でも珠玉の感動エピソードを集めたストーリー。
また初のCGアニメで、ノスタルジックと斬新な映像のブレンドが素晴らしかった。

のび太の過去が変える任務を果たしたら、ドラえもんは未来に強制送還される
...そんな新設定があるとあらかじめ聞いていた。

『映画も単発だし、これはドラえもんが帰還して涙腺崩壊の感動ストーリーになるのでは?!』
と思っていたのだが、原作通り、ウソ800(ウソエイトオーオー)出すんだね。
がくっ。
そのせいで、泣けなかった。

個人的にはスネ夫の髪型の表現について
CG班の苦労がうかがえてよかった。
[PR]



by torororo1 | 2014-08-17 07:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)

一休入魂ブログ
by torororo1
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

検索

ファン

ブログジャンル