とろろ日誌 リブート

<   2013年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧




インスパイアード バイ スターバックスへ行く

b0018242_85378.jpg

新しくできた
「インスパイアード バイ スターバックス」というお店へ行く。
あのスターバックスコーヒーの新業態だ。

ふんわりした親しみやすい店内で通常のお店とまったくコンセプトが違うようだった。
店員さんも統一された制服ではなく、私服っぽい雰囲気で好感が持てる。



b0018242_8533467.jpg

しかしコーヒーの質は各段に通常店のよりうまい!
一品ごとにドリップして作っているようで丁寧な仕上がりだ。
あと初のお酒もメニューに入っており、
オシャレな客がコーヒー以外の飲み物をたしなんでいた。

まあいつものようにハイソな空間に行くと
自分がココにいてはいけない気持ちになる。
よってコーヒーをゾゾーッと一気飲みして、
足早に立ち去ることになった。

追伸
スターバックスカードも普通に使える模様(笑)
[PR]



by torororo1 | 2013-04-29 08:54 | トウキョウ | Trackback | Comments(0)

シュタインズゲート

映画版『シュタインズゲート』を見る。
神シナリオだったテレビ版から一年後が舞台。

今度は主人公が消えちゃうので
ヒロインが奮闘するパターン。
[PR]



by torororo1 | 2013-04-28 10:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)

スワン食堂

b0018242_22524276.jpg

スワン食堂というお店に行く。

昼のメニューでカレーを注文。
出てきたのがコレ。

黒いルーに添え物の野菜の色合いがすばらしい。
食べてみたが、品があるのに飽きがこない味。

普段、気軽に来店したいが
オシャレな店内なので
俺の場合、早食い専用になってしまいそう。
[PR]



by torororo1 | 2013-04-27 22:53 | つれづれ事 | Trackback | Comments(0)

アイアンマン3

映画『アイアンマン3』を見る。

アベンジャーズから一年後が舞台。
宇宙人やいにしえの神が現れたせいで不安になりすぎたおかげで、
アイアンマンスーツを42体も作ってしまうナイーブな主人公(笑)
そんななかでまた悪の陰謀に巻き込まれていく、...そんな話。

前のようにプロジェクトX的な開発話が少なく残念だけど、
主役である『ロバート・ダウニー・Jr』が体をはりすぎて驚いた。
理系のおっさんなのに強いのは何故だ?



以下ネタバレ



一応、アイアンマンシリーズは完結みたいだが、
鑑賞の前にアベンジャーズ2映画化の特報を見てしまい、
へんな気持ちになる。注意。
[PR]



by torororo1 | 2013-04-27 21:18 | 映画 | Trackback | Comments(0)

目黒空中庭園

b0018242_22261566.jpg

目黒空中庭園という施設ができた。


b0018242_2226591.jpg

下から見ると複雑に入れ込んだジャンクション。
でも階段で上がるとそこは別世界!
というかラピュタの世界か?!

車がグルグル走っている上に
公園を作る発想が素晴らしい。

あと目黒の図書館も併設されているので
空中で一日中過ごすことも可能デスヨ。
[PR]



by torororo1 | 2013-04-21 22:27 | トウキョウ | Trackback | Comments(1)

舟を編む

映画『舟を編む』を見る。

国語辞書編集者の物語。
実に始動から完成まで辞書制作まで15年かかっている。
すごいな。

内容は原作通りに丁寧に作られている。
それだと単調になってしまうが
クスリと笑える場面が多く、秀作。
[PR]



by torororo1 | 2013-04-21 18:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)

サンパチカフェ

サンパチカフェに行く。

『飲むカレー』があるとウワサを聞いた、俺。
ん?何度か聞いたキャッチコピーだな。
b0018242_611296.jpg

で、注文したのがコレ。
かっこいいカクテルグラスに
二層に分かれたきれいなカレーが入っていた。
これはまさしく飲むカレーだな!

ストローがささっていて、上下の調節で違った味に。
また、カリっとあげたナンがついており、
ディップ感覚で堪能できることから、
自分なりの楽しみかたで堪能できる。

ほほー、これは考えたな。

意外なのはカレーが温かいところ。
ストローで吸った時に少し想像とちがっていたので少し驚く。


ちなみに場所は渋谷のスクランブル交差点近くにある。

よって、内装も客層もオシャレ系なので、
ゆっくり堪能したい人は
ランチやディナータイムを外して行くのが吉だと思う。
[PR]



by torororo1 | 2013-04-14 06:01 | カレー特集(東京) | Trackback | Comments(0)

AURA~魔竜院光牙最後の闘い~

映画「AURA~魔竜院光牙最後の闘い~」を見る。

夜、学校に忘れ物を取り行った主人公。
誰もいないはずなのに、なぜか魔法使いの恰好をした少女がたたずんでいた。
これはファンタジー物語の始まりか?!
と思ったが、実はこの少女はただのコスプレ女だった!!
...こんな序盤で始まるストーリー。
そこから怒涛の展開になるのがすごい。

原作は田中ロミオのライトノベル。
最近は一般の小説ばかり読んでいるが、
『やはりライトノベルもおもしろい!』と思い出させてくれる一品だ。
良作。
[PR]



by torororo1 | 2013-04-13 23:33 | 映画 | Trackback | Comments(0)

スパイス講座「〝ガラムマサラ〟を知る!」に行く

雑誌『ダンチュー』より
カレー講習会のイベントの誘いがきたので行ってみる。
b0018242_23125461.jpg

会場は永田町付近にあるプレジデント社の 会議室。
すげー、見晴らしがすごすぎる。

b0018242_23131729.jpg

・・・というわけで内容は、
S&Bのスパイスマスターの方によるガラムマサラの講義と試食。
素晴らしく充実した時間を過ごすことができた。

b0018242_23133872.jpg

しかも最後はオリジナルのガラムマサラを作れるお土産付き。
・・・欲張りすぎて大容量で配合してしまい、
持っていたバックに入れても強力なスパイスの自己主張を放っていた。

帰路の電車でも端っこでコソコソ帰る、俺。
異臭騒ぎ寸前。
[PR]



by torororo1 | 2013-04-13 23:13 | カレー特集(東京) | Trackback | Comments(0)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読む。
1Q84から3年。村上春樹の新作だ。

高校時代の仲良し4人組から卒業後しばらくして絶交を言い渡される。
その時は理由も聞かずに了承してしまったのだが、
30代半ばでトラウマになっていたので、
理由を調べに各友達に会いに行く....そんなストーリー。

例によって、根幹の謎については
「読者が勝手に考えろ」的で投げっぱなし。

文学性の高い作品だと思うのだが、
いつものことながら、よくわからない内容だった。
[PR]



by torororo1 | 2013-04-13 11:10 | つれづれ事 | Trackback | Comments(0)

一休入魂ブログ
by torororo1
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新のコメント

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

検索

ファン

ブログジャンル