とろろ日誌 リブート

<   2005年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧




興味のあるテーマ発見

b0018242_2110387.jpg
とある場所で見かけたのぼり。
「本格」っていったい....。

寿司皿が国宝級の一品なのか?
屈強の店員が回転マシーンを手動で動かしているのが本格的なのか?
まさか回転マシーンの上に寿司職人が正座して流れてくるのか?
俺の興味ががまんできないほど膨らみ、ガラスごしから店内を覗き込んでみる。

「あれっ!?」
別に他の回転寿司屋と変わらない。
なんだそりゃ。
単に1皿100円すし屋と差別化させるためにのぼりか!?
かなりの失望感。
結局、この寿司屋で食べることは止めた、俺。

ところで
逆に本格的ではない寿司というのはどういうものなのか?
○よっちゃんイカ寿司
○かいわれ寿司
○魚肉ソーセージ寿司
○うずらのタマゴ寿司
...など、ほとんど子供のママゴトレベルで作れるものか?
ある意味、簡単かつチープさが要求される、難易度の高い寿司。

少しこのテーマについて考えてみたい。
最終的にはネタ持ち寄りで「チープ寿司パーティー」を開催したいものだ。
[PR]



by torororo1 | 2005-03-30 21:48 | つれづれ事 | Trackback | Comments(8)

torororo国の通貨基準

1P.C=500円。
(P.Cはポークカレーの略)

...よく大きな買い物をする時に
「カレー何杯分の値段なんだろう?」
と考えることにしている、俺。

購入を迷っている場合には比較・検討しやすく
判断を誤りにくいので今までの人生を乗り切ってきた気がする。

しかし最近、自分の趣味的なものや好きなものに対しては
「まあっ、いいっか!カレー100杯以上だけど!」
と甘くなりがちなことが判明。
考えを改めなくてはならない。

1B.C(ビーフカレー)=800円がいいか
それとも違うおいしい物にするか...。

そもそも食べ物を基準にするのがまずいのか?
それだけは譲れないと思ってしまうあたり
俺の異常ともいえる、食の執着心を再確認する。
[PR]



by torororo1 | 2005-03-29 23:53 | つれづれ事 | Trackback | Comments(0)

コレジャナイロボ

b0018242_21393418.jpg前から気になっているコレジャナイロボ
すべて手作りなところに男気が感じる。

玩具ではなく、芸術品でもない。
これは情操教育の教材。

「桐の箱に詰めて、こどもの日のプレゼントに....。」
俺にも甥っ子がいるのでイタヅラ計画中。
[PR]



by torororo1 | 2005-03-28 21:37 | つれづれ事 | Trackback | Comments(1)

アビエイター(多少ネタバレあり?)

最初からイヤな予感がしていた....。
映画館でも小さな場所で行われてるし、一日の上映回数も少ないし。
おまけに観客も心なしか、少ない。
そして小さな不安が映画を見終わった後、確信へ変わる。
『一人で見に来てよかった!』
むりやり人を誘っていったなら何を言われるか分からない 
...そんな内容。
久しぶりに地雷を踏んでしまった。

3時間の長い上映時間。
日本ではなじみの薄い「ハワードヒューズ」なる金持ちサンの生き様の物語。
見に行くのなら、予習が必要か!?

劇中の中のひとこま。
本命の女に浮気のことを追求されると
主役のデカプリオがこんなこと言っていた。

「あれは3時のおやつだ!本気じゃない!」

....開き直って力説していたが、オトコマエ度ダウンで唯一笑えた部分。
[PR]



by torororo1 | 2005-03-27 17:57 | 映画 | Trackback | Comments(6)

半笑い

b0018242_231268.jpg
最近の絶賛品。
異常に香ばしい。
なんだ この味は?

「間違えて麦茶にコーヒーを入れちゃった」感でイチマス戻る。
「あれ、でもおいしいぞ」感で2マス進む。
....そんな気分。

ヽ(・(エ)・)ノ マジオススメ
[PR]



by torororo1 | 2005-03-25 23:42 | 食べ物 グルメ | Trackback | Comments(0)

21世紀型単身赴任?

こんな話を聞いた。

名古屋に住む、おとうさん おかあさん 息子の3人家族。
その息子が難関のお受験を突破し、
東京の某有名私立小学校に合格した。
この春から通学するらしい。
でもさすがに名古屋~東京間は距離がありすぎる。
それではどうするか?

おかあさんは息子といっしょに東京に引越し。
マンション暮らしをするとのこと。

ダンナのほうはというと
今まで変わらず名古屋で勤務するらしい。
つまり一人、地元に取り残されることとなる.....。

子供の教育重視型の家族。
この場合、ダンナは勤務先は変わらないが
一応、単身赴任というのだろうか!?
[PR]



by torororo1 | 2005-03-24 23:50 | トウキョウ | Trackback | Comments(2)

ボリューム満点そうだが...

b0018242_22481018.jpg
とある定食屋の看板。
カレーとみそ汁とコーヒーのコンビネーション。
食べに行きたいのだが、微妙な組み合わせのため、
ずっと行くかどうか悩んでいる。
[PR]



by torororo1 | 2005-03-23 23:11 | カレー特集(東京) | Trackback | Comments(4)

ひさしぶりにガム購入

ひさしぶりにガムを買った。
おいしかったので、今日一日で何個もモグモグ噛んでみた。

....ガムを噛むことは「脳を刺激して頭にいい」と聞くがまさにそんな感じになる、俺。

アドレナリンが大量分泌!
脳のシナプスがつながりまくり!
『おいおい、俺さまチャン、IQ400は超えちゃってんじゃないのか!?』
というな聡明な気分になった。

ただし、噛みすぎによるアゴの疲労のため、
ぜんぜん知的なおしゃべりを披露することができなかったが。

....というか、思いつくのは変なダジャレばかり
[PR]



by torororo1 | 2005-03-22 23:31 | つれづれ事 | Trackback | Comments(0)

セレブの気分を味わってみる パンダだんご編 

上野動物園で一番人気はもちろんパンダである。
冷暖房付きの快適な環境で過ごしているが、アイツらの食事も豪華。
「えっ、えさって笹だけじゃないの?」
俺は前までそう思っていた。
だが、情報では「パンダだんご」なるものも食べているらしい。
さらに驚きなのは人間でも食べられるとのことなので
食に貪欲な俺は確かめに行ってきた。

b0018242_033479.jpg
これが問題の品である。
250円。
説明の紙付き。
いやおうにも期待が高まる!
どれどれ....。




○この「パンダだんご」は、上野動物園のジャイアントパンダ”リンリン”が毎日食べているものを、ヒト用に食べやすくアレンジしたものです。上新粉・とうもろこし・大豆粉・砂糖・脱脂粉乳を
水でこねて蒸かせた素朴な味を、パンダになった気分でお楽しみください。


おいっ!まてまて。
パンダになった気分になるのだったらヒト用にアレンジする必要があるだろうか!?
...と思ったけどアレンジしたものでも味がどうなのかわかったものじゃない。
とりあえず購入したダンゴを口に放りこんでみる。

うーん、味は月見ダンゴという感じ。
(みたらしとかアンコがかかってない、素のダンゴ味)
ほのかに甘くまずくはない。
ウーム、パンダめ。
朝 夕の食事に他にデザートももらっているとはさすが動物園界の貴族階級。
たいしたものだ。

ちなみにパンダだんごが購入できる場所だが、
パンダゾーンからかなり離れたペンギンとかアシカがいるあたりの売店で売られている。
あまり宣伝もされていない。

見学者が買ってきてパンダに与えるのを防ぐためだろうか?
『たとえだんごを与えることができてもパンダは仲間になってもくれないし、鬼退治にも同行してくれそうにもない...。』
パンダのぐうたらぶりを見て落胆した。

b0018242_14552.jpg
[PR]



by torororo1 | 2005-03-22 00:59 | トウキョウ | Trackback | Comments(2)

ドレスアップ!

b0018242_21161188.jpg 
b0018242_21162773.jpg
先日 購入したTシャツ。
かなりエレガンスな雰囲気が増しそうだ。
春になったらコレを着て『銀ブラ』をしてみようと思う。


追伸
b0018242_21321481.jpg
本当はこっちのほうがほしかったのだが断念する。
着心地は抜群によさようだが....。
[PR]



by torororo1 | 2005-03-20 21:35 | モテヂカラ ('A`) | Trackback | Comments(2)

一休入魂ブログ
by torororo1
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

検索

ファン

ブログジャンル