とろろ日誌 リブート

<   2004年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧




たい焼き心理テスト

今日のおやつはあんこのぎっしりつまったたいやきです。あなたは最初にどこの部分から食べますか?
A~Dの中から選んでください。
A あたまから食べる
B 背中から食べる
C お腹から食べる
D しっぽから食べる


昨日の投稿内容で述べた、ちょっと気になっていた内容。
とあるサイトの心理テストの5番に注目。
『えーと俺の場合は下腹だからCっと...』
結果は
甘いタイヤキ=異性への興味
浮気度 100%
欲望にストレートなタイプ
チャンスがあれば浮気をしてしまい開き直ってしまう性格


出来立てのたい焼をお腹からガブリとかじりつく場合、
粘度の高いあつあつアンコのせいで口の中をヤケドすることは、しばしば。
しかしそのリスクを犯してでも、口いっぱいに甘い至福の時を堪能したいのである。
ワイルドかつ、チャレンジスピリッツ!
頭やしっぽから頬張る軟弱な食べ方より、よっぽど男らしいと思っていた。

でも、これからは浮気者と認識されるのもイヤなので尻尾からモソモソ食べることにしよう。
気をつけなければ。
好感度UP。

......すぐに自分のポリシーを曲げるあたり、『浮気者』の称号にふさわしい、俺。
[PR]



by torororo1 | 2004-11-30 23:36 | モテヂカラ ('A`) | Trackback | Comments(5)

自動たいやきマシーン

b0018242_23145676.jpg
自動マシーンでつくる、たいやき屋の写真。
念願が叶って、昨日ついに激写。

おっさん、おばさんが汗をかきながらベルトコンベア状のマシーンを操り、
大量に作っていた。
しかしそんなに買いにくる人がいるのかは疑問。
そこまではりきってつくらなくても....

b0018242_23231686.jpg
ところでたいやきはどこからかぶりつくのが正しいのか。
俺の場合、下腹から喰らいつくのが多い。
『マニアック』と思っていたが、どうやらココのアンケート結果を見るとそうでもないようだ。
「自分は人とは違う。」と思っていたが実は一般と同じ。
ほっとしたような、がっかりしたような複雑な気分。
[PR]



by torororo1 | 2004-11-29 23:34 | 食べ物 グルメ | Trackback | Comments(0)

スカイ キャプテン

どうも最近 テンションが上がらない。
気分を高めるべく今日、映画「スカイキャプテン~the WORLD OF TOMORROW~」を見に行く。
館内はまばら。しかも95%はオトコ。
そりゃ、みんなハウルを見に行くよな。

........ストーリーはまあボチボチだが、少なくてもハウルよりおもろい。
「ハウル」を冒険モノと勘違いして見に行った俺として
ジャンルとしてちょうどよかった。
こちらのほうが宮崎映画っぽく見えたくらいだ。

半世紀前くらいの奇想天外兵器多数登場するため、メカフェチなら必見!
(なぜか奇想天外生物も出てくる)
いろいろ書きたいのだがネタバレになるのでやめておく。

それと
俺の場合、基本的に役者は意識しないのだが、
今回のヒロイン役の「グウィネス・パルトロウ」がやけにベッピンだなーと思えた。
そんな感じの映画。

b0018242_210211.jpg

一番感動したのがこれ。映画の後でもらった、「スカイキャプテン」ソフトグライダー。
よく駄菓子屋に売ってる、おもちゃの飛行機である。
ナイスノベルティー!
[PR]



by torororo1 | 2004-11-28 21:05 | 映画 | Trackback | Comments(0)

見られた......

ネギトロ丼を注文。
こんもり盛ったワサビ入りがテーブルに置かれる。
『オトコマエに、ココは一気食い!』
豪快に飯をかっくらうが....数秒後、辛さに悶絶。
やはりダメでした。

こっそり中和しよう。
みそ汁を手にする俺
キョロキョロしながらどんぶりに注ごうとしたその時!

ハイ、店員の人に見られてしまいました _| ̄|○ ガクー
[PR]



by torororo1 | 2004-11-28 00:04 | つれづれ事 | Trackback | Comments(0)

これ逆ギレ?

b0018242_2224815.jpg駅前のいつも混んでる携帯屋さん。
その入り口にて撮影。
「お待たせしない努力をしています!」
と書いてある。

この店の人はなぜ語尾に「!」マークをつけたのか?
最近、気になってしょうがない。


.......おそらく、超人気店なのでピーク時には何十分も待たされるのは必至。
つのるイライラ。
お客は不平、不満の声もひとつは言いたくなる。
客「どないなっちゅうねん!こんなに待たせおって!」
店員「...申し訳ありません」
客「申し訳ありませんと言えば解決すると思っているのか!!アホッ!なんとかしろ!」
店員『お おのれーー!』
そんなクレームがあったことで作られた看板。
深読みすると『お待たせしない努力をしています!でも絶対、混みますから覚悟しておけ!』


.....うーん。
俺の妄想心を膨らましてくれる意味深な看板。
怨念めいた感じもする。
でももし本当に混み具合による言い訳看板なら
「いつも混んでてゴメン☆ちょっと待たせちゃうかも!?えへッ」というような感じで
チャメッけたっぷりにしてほしいもんだ。

いや、待てよ。
携帯屋さんに行く用事っていつだろう。
新機種に変えるときが大半じゃないのか?
機種変更に変えるうれしさのため、少々興奮気味の気持ちを
クールダウンさせるべくわざと看板を置いているのでは!?

......疑惑は深まる一方だ。
[PR]



by torororo1 | 2004-11-26 23:00 | つれづれ事 | Trackback | Comments(0)

女人禁制ビジネスマナー

先週の日経新聞(11月20日)にマニアックなビジネスマナーが載っていた。
(とろろ画。 汚くてすんません)
b0018242_23214228.jpg
男子トイレで入り口から遠い方が上座(図でいうと①番)
出入り口に一番近いほうが下座(図でいうと⑤番)




男子トイレの調査によると一番利用人数が多いのはプライバシーが守りやすい入り口から一番遠い奥。逆に出入り口近くは常に人の気配があるため嫌われるようだ。
若手社員の場合、上司が好む可能性の高い一番奥は避けたほうが無難だ。
また人にはなわばり意識があり、他人が侵入すると不安になる。
「上司のすぐ隣に入るのはやめた方がいい」


...うーん興味深い内容。
例えば、①にエライ人がいて、②③④には誰もいない。しかし⑤に人が集中して
並んでいる場合が社風がしっかりしている会社なのだろう。
個人的に、想像するとかなり笑える。

もっとおもしろそうなのは①にえらい人がいて、③④⑤に誰もいない。
しかし②に人が集中して行列ができているパターン。

無言の圧力で出るモノも出ない。
数分後 個室にむりやり連れ込めること必至。
スリルとサスペンスを渦巻く圧迫空間!
...日常の空間なのにスパイのエージェントの気分を味わえそうだ。
[PR]



by torororo1 | 2004-11-25 23:29 | つれづれ事 | Trackback | Comments(1)

モンゴルの人と話したよ

今日、なぜかモンゴルの人と話をする機会があった。
モンゴルといえば、モンゴル相撲とホーミー!

※ホーミーとは
モンゴルの伝統的発声方法で一人で二つ以上の音を同時に発声する。
音声には人間の耳には聞こえない20kHz以上の高調波成分が含まれ、聞く人の脳波をアルファー(α)波に誘導する効果がある........らしい

ソースはこちら

なんとかホーミーの話が聞きたくてなんとか質問することに成功。
しかし「ホーミーは今はあまりされないからあんまり知らない」とのこと。

『えー!』
なんだそりゃ、つまんない!
と最初は思ったのだが考えてみるとそうなのかなと感じる。

例えば、我々は他の国の人に日本のことについて明確に説明することができるのか?
外国の人は「ゲイシャのこと教えてー」と質問してきた時、「知らない」とは言えず、
俺だったらおもしろくホラ話をしゃべってしまって、国際問題になりかねない。
場合によっては日本総理から「ハラキリ」を要求されるかも。
それくらい俺は大失態を犯すと自信はある。

NOと言えない日本人。
その典型的な性格である俺。
外国の人に理解されたころには、多分日本という国は....ないと思う。
[PR]



by torororo1 | 2004-11-24 23:13 | つれづれ事 | Trackback | Comments(2)

ピザの注文(オトコマエ編)

b0018242_20171078.jpg
今日、ピザのDMを見ていたら急に食べたくなってきた。
『そういえば、一人暮らしをやっているわりにデリバリー取ったことないなぁ』
....来るべき事態にも備えるため、注文してみることにする。

ところでピザの場合、「パン生地」と「うす型生地」とあるが皆はどちらを注文するのだろうか?
俺の場合、ついパン生地と言ってしまう。
というのも高い値段払うくらいなら『食べたー☆』という気持ちにされるほうが良いという考えからである。
つまり、貧乏根性。
..........本当はうす型生地のほうが好きなのに。
お金持ちのホームパーティーになるほど、「うす型生地」になるに違いない。

「ピザの生地はどちらになさいますか?」との電話での質問に
パッと答えることがオトコマエ度を決めるキーだと考える。

優柔不断な俺のように「えーと、えーと、ソースと同じように生地もハーフアンドハーフで...」と答えようとしてはならない。
[PR]



by torororo1 | 2004-11-23 20:12 | モテヂカラ ('A`) | Trackback | Comments(0)

インスタント鎌倉

世間は登校日だったり営業日だったりするのに、俺はお休み日だった。
うーん、優越感。
「こんなチャンスを逃すのはもったいない!」と思い、
本日、ずっと温めておいた企画『リベンジ鎌倉』を発動させる。

.....実は真夏に鎌倉、特に江ノ島海岸に行ったのだが、
焼きそばを食べてきただけ ろくに観光もせず帰宅した苦い経験を持つ、俺。
再度、鎌倉を満喫すべく構想は練っていたのだが、ついに実行に移す!
早起きしてノリノリ状態で鎌倉駅に向かった。

駅について、まず向かったのが鶴岡八幡宮。b0018242_004298.jpg
鎌倉幕府に深い歴史を持つ、場所だ。
ほー、なかなか建物も立派である。
とりあえず、賽銭を入れてお参り。
『お金が入りますように』 『売り上げがウンタラ...』など強欲なことばかりお願いする。

さて次の場所に行こうかなと思ったが、
b0018242_083135.jpg
「なにっ!!」
気になる屋台を発見。
でかい中華なべで炒った香ばしい香り、初めてみる驚き、ぎんなん屋。
さっそく購入したくなる。
でも「ぎんなん」といえばおいしいのだが、気になることがひとつ....。
「はい いらっしゃい!」
「あのー ひとつください。あっ、でもこれ、ニオイますか?」
「いや、これだけ火と通せば大丈夫だよ。....でもちょっと臭うかもね。」
結局、「くさい」ということですな。
俺は持ち帰りはまずいと判断してその場で食べたいと主張した。
「ではそういうことでしたら....。」
店のオヤジはおもむろに棍棒を用意する。
おいおい、ぎんなんを売らない気か!?それとも客を撲殺する気か!?
警戒のため、自慢のファイティングポーズ(蛇拳)をとろうとする俺。
その矢先

バン!バン!バン!!

オヤジはぎんなんをメッタ打ち。
そうすることで殻にヒビが入り、食べやすいらしい。
なーんだ。
b0018242_3123318.jpg
....で食べてみたのだが、通常より大粒であったかくホクホク!
これは絶品!うまい!
どうやら正月までの期間限定らしい。
しかしマジ おすすめ ヽ(・(エ)・)ノ

ぎんなんを堪能、至福の時を過ごしていた俺。
しかし長くは続かなかった。
突然、携帯が鳴り出したのだ。
内容はお客からのクレーム電話。
トウキョウに戻らなくていけなくなった。
あーあ

「おのれー、鎌倉幕府!」
お賽銭のご利益なし。
鬼の形相で鶴岡八幡宮をにらみつける、俺。
結局、鎌倉に1時間しか滞在できず、帰るはめに。
リベンジならず。
[PR]



by torororo1 | 2004-11-23 00:48 | つれづれ事 | Trackback | Comments(2)

あんかけスパゲティー屋

以前から気になっていた、あんかけスパゲティー屋さんに行く。
注文したのは普通そうなソーセージとベーコン、650円。
それで出てきたのはコレ。
b0018242_7553334.jpg
○トロミのあるソース。トマト味というよりサルサソースに近かった。
○通常よりイタリア料理屋より麺は太め。コシはしっかりあるのだがなんとなく給食のソフトメンを彷彿させる。
.....食べた感想だが、まあウマイ。


ところでこの店「PASTA DE CoCo」というのだが、疑問に思って聞いてみた。やはりカレーの「CoCo壱番屋」の系列らしい。まだ全国展開途上中といったところか!?
どうやらあんかけスパゲティーは名古屋が発祥らしいが「隠れ名物」「全国的にブームの兆し」と書いてあるので、地元で流行っているのかは怪しい。
積極的に全国展開を始めたら「東京で大人気!行列のできる店」などのキャッチでやるのではないか?ますます怪しい。
 CoCo壱番屋の名物カレーに「なっとうカレー」があるが「あんかけスパゲティー」にかけるだけはカンベンである。(いや一度は食べるけどね)
[PR]



by torororo1 | 2004-11-22 08:22 | 食べ物 グルメ | Trackback | Comments(0)

一休入魂ブログ
by torororo1
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

検索

ファン

ブログジャンル