とろろ日誌 リブート

カテゴリ:温泉巡りin deep( 15 )




新手のサービスか?

時間が空いたので地元のスーパー温泉施設に行く。
こちらの脱衣所ではいつも若い女の子が掃除をしており、
相変わらず気恥ずかしい想いをする。
(しかもかわいい)
新手のサービスか?

いつもなら挙動不審になるが、
今回はドキドキハートを抑えて素知らぬ顔で浴室へ向かう。

『ナイス大人の対応!』
心の中でガッツポーズをとる、俺。


だが、それもつかの間。
まず泡風呂に飛び込み『超おならごっこ(超微発泡)』に
ご満悦になった時点で大人行動が崩れ去った。
[PR]



by torororo1 | 2012-12-29 11:04 | 温泉巡りin deep | Trackback | Comments(0)

その13 郷緑温泉

b0018242_19475772.jpg
「郷緑温泉」という所へ行く。


日帰り温泉は午前10時から16時まで。
1団体ごとに30分貸切り方式なので
もし先客が利用していたら待つことになるかも。

まあ、30分気兼ねしないで満喫できるので良し。
5つ星。



浴槽は2種類。
お湯を加温したタイプと足元湧出の源泉浴槽タイプだ。

お湯の温度はやや低め。
だから2種類の浴槽を行ったり来たりして楽しむのがいい。



ちなみに温泉を利用して隣でスッポンを養殖しているらしい。
す すごい。
[PR]



by torororo1 | 2011-11-20 19:48 | 温泉巡りin deep | Trackback | Comments(0)

その12 真賀温泉

b0018242_1856829.jpg
「真賀温泉」というところへ行く。
斜面からせり出したような建物の構造がかっこいい。


温泉は2タイプあり。
混浴の「幕湯」と男女別の「普通湯」だ。

幕湯のほうからお湯を出して、
普通湯に回しているらしいので
微妙だけど幕湯のほうが鮮度がいいのかな?
湯舟の最深部は130センチもあるので立ち湯状態になる。
あと、湯舟は普通湯にくらべて若干狭い。
混浴なので異性が混ざっていると非常にドギマギする。


まあ、何度も通うなら普通湯がおすすめ。
落ち着いて入ることができる。


...お湯はやや低め。
泉質はぬるぬるしており、肌によさそうだ。
やや高めの天井で、上が吹き抜けの構造になっており風情がある。
長時間入っていたい気持ちになる。


特筆点は料金の安さ。
混浴の「幕湯」250円
男女別の「普通湯」150円
...今回は両方利用したので400円になったが、
それでもリーズナブル。


b0018242_19155628.jpg
ちなみに休憩所にはマンガの棚がある。
非常にラインナップがおもしろい。
5つ星。



(住所)
岡山県真庭市仲間181
[PR]



by torororo1 | 2011-11-20 19:16 | 温泉巡りin deep | Trackback | Comments(0)

その11 津黒高原温泉

「津黒高原温泉」という所へ行く。


b0018242_18292711.jpg
津黒高原公園入口にある案内板。
その下に何か屋根のある物体がある。


b0018242_18322081.jpg
それがコレ。
こちらが無料で利用できるところがすごい。
5つ星。


あー、でもまた条件が。
一応、脱衣所は区切られているけど
完全混浴の露天風呂であること?

まあそれは事実なのでいいとして
利用の期間が10月までということだ。
ガクッ。

ちなみに車で5分ほど行ったところに
「津黒高原荘」という施設があり、
有料だけど日帰り温泉が利用可能。
シーズンではない時はそちらでまったりするのが吉。

(場所)
岡山県真庭市蒜山下手口
[PR]



by torororo1 | 2011-11-20 18:37 | 温泉巡りin deep | Trackback | Comments(0)

その10 茅森温泉

「茅森温泉」という所へ行く。
b0018242_1755346.jpg
河原に隣接した場所にコンパクトにまとめられた作り。
山や川を見ながら湯に入り、
開放的な気分になるにはそう時間もかからないハズ!!!
5つ星。
しかも無料なのがすごい。
(地元の方が整備しているらしい)



あー、でもちょっと入るためには条件が。

お湯の温度が低いので温泉と同じで、夏~秋ぐらいが開設期間だということ。
(俺が行った時はお湯がはっていなかった)

それと向かいが霊園だということ。

b0018242_18105568.jpg
...混浴であるのも考慮すると
一番いいタイミングは夏場の深夜だと思うけど、
霊園付近で湯気にまぎれて、
ぼんやり見えるハダカの人間たちを演出することになる。
非常に勘違いされそう。

(場所)
〒717-0402
岡山県真庭市湯原町茅森
[PR]



by torororo1 | 2011-11-20 18:09 | 温泉巡りin deep | Trackback | Comments(0)

その9 桃太郎温泉一湯館

「桃太郎温泉一湯館」という温泉へ行く。

通常の湯のほかにジャグジー風呂、サウナ、露天風呂と充実した施設。
なにより前に山の景観がドーンと広がっており、眺めが壮大。

ふと外を見ているとポツンと看板が立っているのを発見。
温泉から出た後に見に行く。

すると、こんな立札の内容だった。
b0018242_053516.jpg

例の「おばあさんは川に洗濯に...」の場所が、数百メートル先にあるというのか!
足早に現場に急行する。


b0018242_05588.jpg


こんな感じ。
昔話のイメージに近い。
...モモがここからどんぶらこ流れてきたのかと
妄想するだけにこの地を訪れるだけでも価値がある。

星5つ。
[PR]



by torororo1 | 2011-11-02 01:00 | 温泉巡りin deep | Trackback | Comments(0)

その8 遙照山温泉元湯

『あっ、やっぱり遙照山温泉ってふたつあるのか。』
...というわけで「遙照山温泉元湯」という施設にも行く。


建物の外に源泉井戸があり、効能が書いてあった。
b0018242_10523100.jpgなるほど、鬼が温泉パワーで元気を取り戻したのか!
グッとくる設定!期待が高まる!!5つ星。



お風呂はやや広めな湯船がひとつある。
窓からの景観は
民家見えたり、でかいテレビアンテナ塔見えたりするので
伝説とのギャップあっておもしろい。

b0018242_10522898.jpg
温泉を利用後、パッとみてしまった貼り紙。
なに、洗髪料金が追加であるとな!

...施設内にはシャンプーもついていないし、
自前で持っていなかったので洗髪しなかったわけだが、
なぜか髪がウエット状態だった。
お湯に入る時にはしゃぎすぎて飛び込んだのが原因か?

ヤマシイことはないのに建物から出る時に
挙動不審で退出。


[PR]



by torororo1 | 2011-09-11 10:46 | 温泉巡りin deep | Trackback | Comments(0)

その7 遙照山温泉 

b0018242_10581337.jpg
遙照山温泉というところに行く。
場所は「遙照山ホテル」の館内。
『あれ?そうだっけ?』

あらかじめ得ていた情報とはやや違っていたけど
温泉のみも利用可能だったので入浴してみる。


山の上にあるので、空と緑のコントラストが美しい眺望。
足がのばせる広い湯船で中高年層が何人ものまったりしていた。
お湯はシンプルでクセがない。

b0018242_10584657.jpg
えーと特筆点は...
おっ、そうそう。9月中は入浴料金無料!(タオルは持参)
(゚(゚ω(゚ω゚(☆ω☆)゚ω゚)ω゚)゚)
す すごい!!。

でも本当にお湯だけ利用して早々に出てしまったので
申し訳ない気持ちになる。
次は食事をしてお返ししますので許して。
星5つ星。


[PR]



by torororo1 | 2011-09-11 10:14 | 温泉巡りin deep | Trackback | Comments(0)

その6 龍徳温泉

龍徳温泉へ行く。

こちらも標識はあるが、
かなり無茶な上り坂を行くことになり、
不安になってくるが
抜けると黒で重厚な門があり安心する。

b0018242_2285739.jpg


オープンは2005年あたりだが
館内はレトロな雰囲気。
骨董品が至る所に配置されているが
独特なセンスを感じる。
たぬきの置物の表情が愉快だ。

温泉は半露天風呂。
一面に広がる森が目に優しい。

特筆点は休憩室。
広々と した贅沢な和室だ。
『大邸宅の家を独り占めしているかのような』錯覚で
まったりしていると利用料以上の価値がある。
5つ星。


[PR]



by torororo1 | 2011-08-29 21:36 | 温泉巡りin deep | Trackback | Comments(0)

その5 大中山温泉

大中山温泉という所に行く。

道中案内標識もあって
かなり分かりやすく現場にたどりつくことができるが、
そこにはコンテナで組まれた到底 温泉には思えない施設。
ちょっぴり勇気を出して館内を入ることになる。
b0018242_2211071.jpg


中には券売機があり、チケットを買って経営しているご老体に渡す。
そこで入湯となる。

温泉は二種類の浴槽に別れていたが
基本的に温度が異なるのみで同じ。

とにかくいいのは泉質!
飲用としても体に良いようなので販売もされている。
(むしろそちらがメインか?)

通常の外観に惑われがちな温泉に飽きた上級者の方へ。
あとストイックに効能を感じたい方へ。
文章で伝わりにくいのでぜひ現地に行ってあの雰囲気を体験してほしい。
5つ星。
[PR]



by torororo1 | 2011-08-29 21:35 | 温泉巡りin deep | Trackback | Comments(0)

一休入魂ブログ
by torororo1
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月

検索

ファン

ブログジャンル